人と地域をつなぐ事業公開講座  ご案内・お申込みページ

投稿日: カテゴリー: 人と地域をつなぐ事業
◇申込み:お申込みはこちらから

人と地域をつなぐ事業公開講座

つながりが私たちの
暮らしを豊かにする
創発のまちづくり

◇概要

置賜の地域づくり講座「人と地域をつなぐ事業」は今年で4年目を迎えました。これまでの事業で起きたことをみなさんに知っていただき、これからにつなげていけるよう、この度、公開講座「つながりが私たちの暮らしを豊かにする 創発のまちづくり」を開催します。

この事業から生まれた大切にしたい価値観や暮らし方を感じていただき、この講座が「これからの暮らしを豊かにする」きっかけになれば幸いです。

◇特別講演

指出一正 氏(『ソトコト』編集長)

関係人口のつくり方

~わたしたちは地方で幸せを見つける~

 

置賜地域での地域づくり、関係人口、まちづくりやコミュニティにご関心のある方であれば、どなたでもお楽しみいただけます。ぜひ、お気軽にお越しください。

 

・日 時:令和2年2月22日(土)
     13:00〜16:30
     (開場12:00)
・会 場:浜田広介記念館「ひろすけホール」
     山形県東置賜郡高畠町大字一本柳2110
     (アクセスはこちら会場地図

・申込み:お申込みはこちらから

・参加費:無料
・日 程
 12:00~ 開場 
       人と地域をつなぐ事業を知る時間  
 13:00~ 開会 
 13:10~ イントロダクション  坂倉杏介 氏 
 14:15~ 特別講演
         指出一正 氏(『ソトコト』編集長)
      関係人口のつくり方
     ~わたしたちは地方で幸せを見つける~
 15:30~ ワールドカフェ 
 16:30~ 閉会 

 

◇人と地域をつなぐ事業とは?

人とつながるおもしろさや地域づくりの楽しみに気づくきっかけにしていただくための事業として、坂倉杏介氏を講師にお招きし、「人と人とのつながりから、新しい社会を創発する。」ことを学んでいます。
平成28年度からこれまで、男性14名、女性38名、計52名の方に受講していただいています。
冒頭の写真は、1期生がフィールドワークで初めて「芝の家」を訪れた時のものです。

 

◇偶然の出会いと交流から生まれたこと

偶然の出会いと交流から、新たなつながりが生まれ、様々な取り組みが始まりました。
これらのことは、はじめから計画したわけではなく、「社会にとっていいこと × 私がやりたいこと」を学び、受講者同士が対話を重ね、一人ひとりが持ち味を発揮して、自分たちの望む未来の暮らし方を実践したことで起こったことです。
《子育て支援》
 ・ママと赤ちゃんのケアサロン
 ・こども服おさがり交換会
《関係人口創出》
 ・24時間トークカフェ置賜in港区芝地区
《地域共生社会づくり》
 ・信夫町ガーデンフェスティバル

 

◇基調講演
 指出一正 氏 『ソトコト』編集長
「関係人口のつくり方~わたしたちは地方で幸せを見つける~」

プロフィール:『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。
島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」審査委員長、奈良県「奥大和アカデミー」メイン講師、奈良県下北山村「奈良・下北山 むらコトアカデミー」メイン講師、福井県大野市「越前おおの みずコトアカデミー」メイン講師、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」メイン講師、高知県・津野町「地域の編集学校 四万十川源流点校」メイン講師、岡山県真庭市政策アドバイザー、富山県「くらしたい国、富山」推進本部本部員、上毛新聞「オピニオン21」委員をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。国土交通省「ライフスタイルの多様化等に関する懇談会」委員。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。
ソトコトホームページ www.sotokoto-online.jp

 

◇人と地域をつなぐ事業講師
 坂倉杏介 氏

東京都市大学都市生活学部准教授、慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート客員所員、慶應義塾大学総合政策学部/大学院政策・メディア研究科/教養研究センター非常勤講師、青山学院大学社会情報学部非常勤講師、三田の家LLP代表、一般社団法人ユガラボ理事、一般財団法人世田谷コミュニティ財団理事、NPO法人多様性と境界に関する対話と表現の研究所副代表理事
略歴:1972年生まれ。1996年、慶應義塾大学文学部哲学科美学美術史学専攻卒業。1996年〜2001年、凸版印刷株式会社。2003年9月慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。2004年12月、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構助手。2007年4月、専任講師。2010年4月、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所特任講師。2015年4月より東京都市大学都市生活学部准教授。コミュニティマネジメントラボ開設。2016年、慶應義塾大学大学院後期博士課程単位取得退学。博士(政策・メディア)。
坂倉杏介研究室ホームページhttp://sakakuralab.com/

 

◇人と地域をつなぐ事業のキーワード「ゆるふわ」

「ゆるいということは、開かれていて多様性があること。違いを超えてともにあること。」
「ふわっとしているということは、まだ見えていない価値を模索すること。未来を志向すること。」
これまでの「地域おこし」の「型」に合わせるのではなく、一人ひとりが持ち味を発揮して生きること。自分たちの望む未来の暮らし方を実践し、そのために、必要なまちをつくること。

 

◇公開講座チラシ

 公開講座のチラシはこちらからダウンロードしてください。

 

問合せ・申込先

置賜広域行政事務組合総務課企画財政係
電 話:0238-23-3241
FAX:0238-24-4659
E-mail:kikakuアットマークokikou.or.jp
(※迷惑メール防止のため、アットマークを@に置き換えてください。)