スプレー缶等の出し方

スプレー缶・カセットボンベ・ライターの出し方

 スプレー缶・カセットボンベ・ライター等をごみとして出す際は、次のことを守ってください。

〇スプレー缶・カセットボンベ 

 ① ガス抜き
   風通しが良く、火の気のない屋外で、音がしなくなるまでガスを噴射します。
 ② 缶に穴あけ
   周囲の安全を確認して缶に穴を開けてください。
 ③ ごみとして出す
   各市町の分別方法に従って、ごみ収集所に出してください。

〇ライター 

 ① 操作レバーの固定
   操作レバーを押し下げ、輪ゴムや粘着力のあるテープで固定します。
 ② ガス抜き
   操作レバーを固定したまま、火の気のない屋外に半日から1日放置し、中のガスを抜きます。
 ③ 金具の取外し
   金具をペンチ等で外し完全にガスを抜きます。
 ④ ごみとして出す
   指定ごみ袋の不燃ごみ袋【緑色】に入れてごみ収集所に出してください。

〇その他 

 全国では、電池が出火原因と思われる火災が発生しております。電池を使用している家電製品などをごみとして出すときは、電池の有無を確認して、電池を取り外してください。
  なお、取り外した電池のうち、乾電池はごみ収集所、充電式電池は家電量販店などにある回収ボックスに出してください。

 指定ごみ袋の可燃ごみ袋【赤色】や資源袋【黄色】には、絶対に入れないでください。

各市町のスプレー缶等の出し方については各市町のごみの分別と出し方をご覧ください。
各市町のごみの分別と出し方について(こちら)

 

【お問い合わせ先】
 施設課計画調整係
0238-26-7488

 

スプレー缶の豆知識

スプレー缶の噴射剤はこうなっている

 以前のスプレー缶は噴射剤として不燃性のフロンガスが使用されていましたが、オゾン層の破壊などの環境問題から、現在は可燃性のLPG(液化石油ガス)やDME(ジメチルエーテル)が使用されています。
  この可燃性のガスは、圧力をかけると液化し、圧力がなくなると急激に気化膨張する性質があります。
  通常の使用では問題ありませんが、室内で大量に噴射したり、中身が残っている缶を急激に押しつぶした場合には、引火する可能性があります。